結婚式当日までに準備することは?

1年前から半年前にする準備

結婚が決まったカップルは、結婚式に向けて準備することがたくさんあります。「まだ挙式まで1年あるし…」と思っていても、1年はアッという間に過ぎてしまうもの。早めに取り掛かるのがおススメです。

まず双方の親に挨拶をしたら、両家の顔合わせをセッティングしましょう。結納をおこなう場合はその準備も必要です。また、婚約指輪や婚約記念品も探し、購入するのもこの時期です。

これらと同時進行で、結婚式と披露宴の会場選びもスタート。まずは、どんな結婚式がしたいか色々アイディアを出し、夢ふくらませましょう。それから会場をリサーチ。雑誌やインターネットなども参考になりますよ。専門式場やホテルなどのブライダルフェアにも出かけ、素敵な会場を見つけ、契約しましょう。

半年前から挙式直前までにする準備

いよいよ結婚の報告をします。その際、結婚式に出て欲しい人には出欠を確認、余興や受付のお願いも。そろったら招待状も発送しましょう。

そして結婚式の衣装を試着し決めます。式のスタイルや体型にあったものを選びましょう。結婚指輪は、オーダーメイドでなくても時間がかかるもの。できるだけ早めに決めたほうがよいでしょう。

また披露宴のBGMや映像などの演出を検討し決めます。もちろんパーティで出す料理や飲み物、ケーキ、そして会場の装花やブーケ、引き出物やプチギフトなども必要です。1ヶ月前ごろには、席次を決め、ゲストの送迎の手配、遠方なら宿泊先の手配もします。ドレスやヘアメイク、小物も最終決定…。

このように、やることがたくさんですが、プランナーと相談し早めに取りかかれば大丈夫。素敵な結婚式になりますように!

多くの素敵な教会がある神戸では、あこがれの教会で結婚式を挙げたいという希望ありきで決める事が多いですので、素敵な教会との提携が神戸で結婚式の重要なポイントでもあります